2ch・5chでも評判の【スルガ銀行カードローン】に驚愕のニュース!

静岡県のスルガ銀行は、今や関東方面にも支店があり、地方銀行を枠を超えたと言ってよい程知られています。

中でも人気の商品は個人向け融資のカードローンです。

銀行カードローンはどこが激甘か?!ということで2ch・5chなどのネット上では、頻繁に名前が挙がるのがスルガ銀行カードローンでもあります。

この個人向けカードローンだけでも、スルガ銀行内のビジネスシェアを占めているはずでしょう。

借り入れ審査に通りにくい人達の中では知られた存在である、スルガ銀行なのですが・・・

スルガ銀行のカードローンの審査について驚きのニュース

私、先日テレ朝のニュースを早朝に見ていまして

その中で20分間くらい大々的にスルガ銀行に関するニュースを特集していたのです。

キャッシングとかカードローンとかに関してはなんとなくアンテナを張っているので、一体スルガ銀行に何があったんだ?!としばし釘付けになりました。

なんと、最近はやりの「シェアハウス」のオーナー達に融資中だったが、その関連で問題が発生し、その件事態にスルガ銀行も関与していたことが発覚したのです。

スルガ銀行はそのシェアハウスの個人オーナーたち700人に個人融資をしたが、大元のシェアハウスビジネス会社(スマートデイズ、というらしい)が破綻したことにより、融資を受けたオーナー達が返済に行き詰っている・・・らしいのです。

賃貸収入を見込んでいたのにシェアハウス自体の経営が成り立たず、家賃が発生しないのですから、そりゃ返済に行き詰って当然です。

そもそも、なぜ700人ものオーナーがスルガ銀行のカードローンを利用していたのかは謎なのですが、問題はオーナーたちの審査に関して虚偽の申告内容だと知りながら、スルガ銀行は貸付残高を伸ばす為に審査に通し融資をしてしまっていたことです。

ある報道では融資の審査にあたって、必要書類(収入証明や銀行預金残高)の改ざんを行っていたらしいですが・・・これは立派な不正行為です。

審査部門では皆が知っていてやっていたということですね・・・700人もの虚偽の申告内容を作り、まるっと審査に通していたわけですから。

融資総額はなんと1,000億円とも言われており、シェアハウスビジネスが崩壊した今、融資を受けたオーナー達の中には返済に行き詰り自殺までしたケースもあると報道されていました。

お金持ちであればキャッシュで投資ができたでしょうが、今回のオーナー達の大半が会社員ということで、資金力もないためカードローンで投資金を借りる流れは当然かもしれません。

スルガ銀行側も貸したは良いものの貸し倒れ状態で大変だとは思うのですが・・・組織として審査基準に達してないオーナー達に自分らの利益先行で貸してしまった罪があります。

利用者の返済を見直さざる得ない、スルガ銀行

投資を目的として、シェアハウスオーナーが融資を受けたわけですが、そもそものシェアハウスビジネスが成り立たないのであれば家賃収入を得られないオーナ達は当然借りたお金を返済することができません。

しかし、シェアハウスに投資した人間が馬鹿なのか?という面で責めてしまうのは、少し可哀想な気もします。

元に破綻したシェアハウスビジネス会社、スマートデイズは女性向けのシェアハウスを「かぼちゃの馬車」という名でそれなりの規模で展開していたので、それを信じてお金を借りてまで投資しようと思うのは、別におかしなことではありません。

そして現在、オーナー13人は運営会社スマートデイズに対し、損害賠償を求め東京地裁に提訴をしています。

私が「きな臭いな」と思っていた、この会社とスルガ銀行との関係も、調べていくうちに抱き合わせ商法であることがほぼ確定です。

不動産投資はそれなりの資金が必要となりますが、スルガ銀行でお金を借りてでも投資する価値がある、とスマートデイズは積極的にアピールをしていたのでしょう。

貸付残高を伸ばしたいスルガ銀行にとっても、スマートデイズのシェアハウスビジネスを手を組むことで多大な利益を得ることができると見通していたはずです。

お互いにWIN-WINの関係だったということですね。

ずさんな審査で無茶な融資をしてしまったスルガ銀行は大罪を犯してしまったので、今後はオーナー達の返済に関して大幅な見直しを進めているようです。

オーナー側が、審査の書類改ざんを知っていたかどうかで先行きはまた変わってくるとは思いますが、今回の件については貸した側が大組織であることと積極的に不正を働いていたということで、責められるのはスルガ銀行に他なりません。

ただでさえ、大手の銀行カードローンは過剰融資が問題視され、返済に困る人が続出しています。

貸し過ぎた責任は大きいですね。

お金を借りて投資する怖さ。借金する目的は大切です。

皆さんがキャッシングやカードローンを利用する時の目的は一体なんでしょう?

住宅ローンやカーローンなど大きな融資を除いては、大体が生活費や急な入用の為ではないでしょうか。

確実に資産になるとは限らない、今回のような不動産投資はリスクが伴います。

額も、数百万規模の投資となりますし、経営が傾けば今回のとうに資産になるはずだったものがパァになってしまう可能性があります。

慎重に投資先について調査をしておけば、被害を免れたオーナーもいたかもしれませんね。

お金を借りることは、どんな形であっても借金です。

当たり前のようにローンを組む、キャッシングをする、額が大きい時は特に慎重に判断していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加