【銀行カードローン】個人向け即日融資は停止の方向へ!審査方法も大幅変更!

銀行カードローンの即日融資はなくなる!2018年1月以降に停止?!

銀行カードローンに関する大きなにニュースが発表されました。

お金を借りたい人には魅力的な「銀行カードローンの即日融資」は、2018年1月から停止されるというニュースです。

「ブラックでも借りれる銀行」をテーマにしている当サイトですが、実際にブラックだとわかっていながら融資してくれる銀行というのは存在しません。

個人向けの銀行カードローンの魅力はやはり”低金利”です。

なのでお金を借りたいと思う人は、なるべくなら銀行で借りたいと思って当然だと思いますし、審査上で不利なブラックリストの人々も勿論そうでしょう。

ブラックリストが審査の厳しい銀行カードローンに申し込むのはハッキリ言って無謀です。

銀行は100%融資してくれませんから。

しかし近年は反社会的勢力が影から介入し、絶対審査に通らないようなブラックリストに誤って融資してしまい、結果として貸し倒れしてしまう・・・という事案が起こっているらしいのです。

この理由だけが、銀行カードローン即日融資の停止に関係している訳ではなく、他にも原因はあります。

今年に入ってから、銀行カードローンも総量規制の対象にするべきではないか、と意見が挙がっていることがニュースになりました。

総量規制外なため、銀行は申し込み者の年収に見合わない大口融資をバンバン行う。

年収や経済的状況と不釣り合いな融資では、当然返済できるはずもなく、多重債務者や長期延滞者、自己破産者を増産させてしまうという失敗を犯してしまったのですね。

消費者金融などの貸金業者には「貸付は年収の1/3まで」という総量規制を実施することで、破産者や長期延滞者などの借金に苦しむ人を大幅に減らすことができました。

銀行は総量規制外だったために、2016年末時点で貸出残高が5兆6024億円。

総量規制対象の消費者金融その他の貸金業者の貸出残高、約4兆円を上回る結果になっています。

反社会的勢力の影響、総量規制外なための過剰融資、この2つでの理由で、銀行カードローンは総量規制の自主規制をしなければいけません。

2018年1月から大きな変更点であるのが、審査において警察庁のデータベースへの照会に時間をかけるようになることです。

予想ではこれによって審査に1週間~2週間は時間を要するそうなので、必然的に「即日融資」は消滅します。

お金を借りたい時に「即日融資」は外せない項目なので、これで利用者は大幅に減るかと思われます。

審査がさらに厳しくなることに加えて、第三者からの融資制限ができる制度なども検討中だそうです。

銀行カードローンの縮小は予想してまいましたが、まさか警察データベースなどの介入とは思ってもみなかったことです。

銀行でお金を借りたい、と思っている方の参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加