多重債務ブラックのおまとめローンはオススメしません

多重債務とは簡単にいえば複数の業者から借金をしている人のことですが、キャッシングを度々利用している貴方も他人事ではないかもしれません。

「何社からも借り入れをして莫大な借金をしている」というイメージの債務整理ですが

頻繁に消費者金融から借り入れをしている方は現在どこからいくらの借り入れをしているのか、返済日はいつなのかなど、詳細をきちんと把握し、先々の見通しを立てておくことをお勧めします。

そして多重債務者向けに、多くの消費者金融や銀行が「おまとめローン」「借り換えローン」というものを勧めています。

複数の借入を一本化するということなのですが、返済も毎月1回で済み管理がしやすくなり、金利も一律にできたり上手くやれば支払う利息も下がるので、返済で苦労している人にはおまとめローンはメリットしかないように思えますよね。

しかし多くの金融会社がおまとめローンのような商品を勧めているということは、おまとめしてくれることによって金融側が儲かるからであって、借り入れをおまとめしても結果的には損だった!とデメリットがあることを知らない人も多いようです。

おまとめローンのデメリットとは?

①返済期間が長くなる

もともとあった複数の借り入れはそれぞれ返済期間がバラバラですが、借り入れを1本化したら完済までにかかる期間はかなり長くなってしまいます。
借り入れ先が複数あれば、都度都度で月々の返済額や期間を調整したりしてA社をまず返済してしまおう!という臨機応変な計画変更も可能ですよね。
年月をかけてゆっくり返済、は気持ちの余裕が持てるかもしれません。
しかし返済期間中はやはりあらゆるローンなどの審査に通りにくくなりますので、今ある借金は少しでもは早く返済するに越したことはありません。

②支払い総額が増えて損するケースもある

おまとめローンや借金一本化でメリットととして挙げられる「金利が下がる」という点ですが、金利が下がるとともに月々の返済額も少なくすることができます。
しかし上記で述べたように返済期間が長引くので結果的に積み重なる利息総額が高額になってしまい、結果的に1本化しない方が良かった・・・ということもよくあります。
借り入れする時は少しでも低い金利だと魅力的に思えますが、結局完済するまでの期間中はずっと借り入れ金額に利息がかかった状態であることをイメージしましょう。
銀行系のおまとめローンは特に低金利が目立ちます。
金利と返済期間と利息総額をきちんと計算してからでないと損する可能性大!ですよ。

③おまとめして返済中に新たに借金ができてしまう

銭太郎さんはA社・B社・C社でのそれぞれ借り入れ限度額いっぱいの借金があります。
これをおまとめローンしたとなると、実質ABCからの借金はなくなった状態です。
ということは?
大体の消費者金融は借り入れが既にされている状態での追加融資の審査が厳しいですが、この状態はA社・B社・C社それぞれから見ると銭太郎さんは借り入れ分を返済してくれたホワイトになるので新たな借入枠を与えて良い人物なのです。
複数の借り入れを1本化しただけで借金がなくなったではないのに、ここでまた新たな枠で借金をしてしまった銭太郎さん。
お金を借りたい衝動や誘惑に勝てなければおまとめローンした意味もないですね。
こんな銭太郎さんのようになってはいけません。

ブラックならおまとめローンよりも・・・まずは1社の完済を目指す

複数のキャッシングやローンで借金まみれのブラックリストの方ですと毎月の返済が大変だと思います。
それぞれ違う返済日に返済額、ごちゃごちゃになって返済し忘れた!ってなるのも仕方ないです。
借金をひとつにまとめてしまえば楽になるはず!と単純に考えてしまいがちではありませんか?
しかし、多くの消費者金融がブラック向けにおまとめローンをお勧めしているのは更なる利益のためでしかありません。
悪く言えば借金することに慣れている多重債務者をターゲットにした罠です。
返済が大変なのを逆手に取った商売がおまとめローン・・・だと私は思っています。
おまとめローン以外にも債務整理などをするにも専門者に頼めば費用がかかりますし、何より金融履歴に載ってしまいます!
数年は金融系の審査に通らないのは痛いですよね。
多重債務で返済が難しいとしても、まずは金利が一番高いところを最初に完済することが良いのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加