お金を借りる方法【今すぐお金借りる!】

お金を借りるとひとくちに言ってもいくつか方法や手段があります。

現在は消費者金融も銀行系がかなり増えてきていますし、銀行が取り扱っているカードローンはアルバイトや主婦の方でも申し込みできるものも多いです。

昔に比べて気軽にお金を借りることができ、多種多様な選択ができることは便利ではありますが、どれが一番自分に合っているのかどれを選べばいいのか迷っていまう方も多いでしょう。

色んなお金を借りる方法の特色をまとめました。


消費者金融でお金を借りる

消費者金融は大きく3つに分けられます。

♦大手独立消費者金融♦
現在の消費者金融は銀行の傘下やグループであることが多いですが、大手消費者金融の中で唯一独自で経営しているのはアイフルのみです。
時代の流れと貸金業法の改正などで衰退の一途を辿っていた中で、経営再建を行いながらも長年利益を出し続けている根強い消費者金融です。
サービスの質としては他の大手とほとんど変わりありませんが、銀行の参入なしで経営している分、もしも倒産した場合の資金力などは他の大手よりも劣るというリスクはあります。

♦大手銀行系消費者金融♦
大手銀行系消費者金融には、銀行グループ傘下の経営と銀行本体の経営の2種類あります。
銀行系は総量規制の対象外であると記載しているキャッシング情報サイトをたまに見かけますが、それは間違いで銀行本体が経営している消費者金融のみとなります。
これは銀行法が適用されるためです。
年収の1/3までしか借入ができない総量規制は大きな金額を借りたい人にとっては重要なことですよね。
ちなみに総量規制対象外なのは、三菱UFJ銀行バンクイック・オリックス銀行カードローン・新生銀行レイクなどです。

♦中小消費者金融♦
消費者金融の中でも圧倒的に数が多いのは全国各地にある中小消費者金融です。
やはりメリットは何と言っても大手に比べると審査が柔軟で甘いところが多いという点です。
過去の金融事故でブラックになってしまった人や収入が不安定な人でも、審査をしてくれるところが多いので審査に自信のない人にオススメ。
中小の中でも規模が大きめであれば、ネット対応や自動契約機の設置などの大手と遜色のないサービスを受けることができます。
ただし、中には暴利な金利設定をしている違法業社も多く存在していますので慎重に選ぶ必要があります。

銀行でお金を借りる

都市銀行・地方銀行はたくさんありますが、ほとんどの銀行で現在はフリーローンを取り扱っています。

車のローンや住宅ローンなどの大きな金額でなくとも、フリーローンであれば少ない金額から、かつ正社員でない方でもお金を借りれるようになりました。

メリットはお金を借りる上でとても大事な金利が消費者金融に比べて圧倒的に低金利であること。

ちりも積もれば山となりますので少しでも返済を楽にするために低金利でお金を借りたいものです。

そして銀行は銀行法適用のため、総量規制対象外となります。

審査対象はアルバイトや主婦の方も含まれていますが、審査基準は消費者金融よりも厳しいので借りやすいとは言えません。

金融事故でブラックの履歴がある人は借りることができません。


まだまだ細かく分類していけばキリがないですが、大まかにするとこのような感じです。

それぞれ自分に合った借入先、借入方法で計画的なキャッシングでお金を借りることはお忘れなく!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加